⇐ Diary
ヘンダーランド
2020-09-23

ヘンダーランドの大冒険

クレしんの中でも名作と名高いヘンダーランドの大冒険を見た.
最近のクレしんは,どこでもギャグ描写を入れてくるのだけど,この作品はしんちゃんが成長する姿がシリアスに描かれている.
ここまでギャグ描写を入れないしんちゃんは初めて見たかな.

でもやっぱりス・ノーマンの存在が大きいかな.
ス・ノーマンは,挨拶もするし,いじめの現場を見たらすぐに駆けつけて止める.
話も明るく,相手の言動にも真っ向から否定せず,一旦は受け止める.
そんな誰しもが「良い人」だと思うのだけど,しんちゃんだけが敵だと知っている.
しかし,しんちゃんがいくら伝えたところで,全く信じてもらえない.
唯一の味方,トッペマも夜にしか姿を表せない.
孤独なんだよね.
孤独になってしまったしんちゃんは,ただただ逃げる.
それでも,親を連れ去られ,助けるべく,たった一人で敵の基地に乗り込む.
一人で歩いて,電車に乗って,車に乗せてもらって......
このシーンはとても印象に残ると思う.
子供が勇気を振り絞って一人で救う決心をする.
そんな成長.

他にも細やかな描写で気付かされるシーンも多くあった.
大型バスの中でしんちゃんが「おしっ○!」と言って,パーキングエリアに寄ったら全員がトイレに向かうというシーン.
こういう人一人いるとお互いに助かるよね......
風間くんが,ヘンダーランドに関する知識を得意げに喋って,それは本に書いてあるそのままだとしんちゃんに指摘されて, チーターくんはそれをからかい,風間くんは恥と取るが,しんちゃん達は「本を丸暗記してすごい」と褒めた.
これね......
良いよね......
風間くんは結果(ヘンダーランドの解説を話す)を得意げに,そこに至るまでの努力(本を丸暗記)を恥ととった.
だけど,しんちゃんは努力を褒めた.
やっぱ良いよね......
努力を褒めるのはよく見ないと出来ない.
よく見てるんだなって.
ちなみに研究は結果が全て.

てぉん.