⇐ Diary
物語の「主役」
2020-08-29

インターンも終わったし,早速生活リズムを崩そうと夜中の4時に寝た.
にも関わらず,8時ごろに起きてしまい,
「まさか,私の身体『社会』がわからせられちまったのか...」
になった.

エアコンつけたらぐっすりだった.
ただ,暑くて起きただけだった.

潰瘍性大腸炎

これトレンドに入っててびっくりした.
私もこれだけど,ほんまにしんどい時期はまずいからね.
「トイレしたい」と思った5秒後には出てしまうほど,トイレの我慢は出来ないし,5分おきに便意を感じてしまう.
しかも出す度に痛いし,ストレス溜まる.

だから,しんどい時期は大学とか行けたものじゃないし,遊びもキャンセル.
おむつという対策もあるけど,それはそれで嫌だしね...

安倍さん,ほんとよく続けられたと思う.

しかし,面白いね.
やっている時期は「ヤメロヤメロ」言われてて,やめたらやめたで「無責任」.
明らかに同じ人間にかける言葉とは思えない発言している人も居るし,どういう発想してるんだろ.
クラスターフェス始めた人くらいわからなくて面白い.

まぁ,でも物語では常に,主役は悪口を言われている方で,言っている方は決して「主役」にはなれないという考えは大事にしたい.

こういうことがあると,人間出来ている方の言葉が回ってきていいねって思える.
普通に人間出来ている方は,そういったことをまず発言しないというか,そんな考えが存在するということに気づかないので.
謎発言が出回っていないと,「あぁ,世の中こんな考えの人も要るんだな,こう考えていたのは私だけだったのかもしれない」と発言機会がないからね.

がんばってぉん.